画像

レトルトのある暮らし

「にしきやの商品でみなさんの食卓が楽しくて豊かなものになるように」
にしき食品は日々、商品の開発・製造・販売を行っています。
みなさんに楽しくて豊かな食卓を届けるために、
にしき食品で働いている社員が
普段どのようにレトルト食品を活用しているのか、紹介をしていきます。


画像

働くママさんの声から生まれた「こどもシリーズ」

にしき食品には、何人も働くママさんがいます。
仕事をしながら、毎日の家事をこなし、子供を育てるのは、とても大変なことです。
そんな忙しい働くママさんの意見を取り入れながら作った商品が「こどもシリーズ」です。



今回は、こどもシリーズの企画・開発に携わった商品開発部 佐藤課長のある日の晩御飯です。

画像

こどもお野菜キーマカレー

画像

こどもカレー

佐藤課長のレトルトのある暮らし

今回は、上の子(5歳)はお野菜のキーマカレー、下の子(1歳)はこどもカレーをごはんにかけて使用しました。
作り置きしていた大豆たっぷりひじき煮、オクラのおかか和え&トマトを添えて、カレープレートにしました。
また、朝作っておいたなめこの味噌汁とりんごも一緒に添え、お家に帰ってから10分で仕上げた食卓です。

画像
画像
姉妹一緒に食べられるカレー

娘は2人ともカレーが好きで、「にしきやのカレーは美味しいから大好き!」と言って、パクパクといっぱい食べてくれます。
下の子は、乳製品と卵のアレルギーを持っていますが、こどもカレーは7大アレルゲン不使用なので姉妹で同じメニューを食べさせられる点も助かります。
子供はお腹がすくと待つことができないので、すぐ食べさせられるよう日々作り置きをしたり冷凍したりして工夫している中で、
すぐ温めて食べれるレトルト食品は子育て中はとても重宝しています。

画像
画像
レトルトでは少ない「幼児食」

こどもカレーは、離乳食が終わった1歳ごろから食べられる7大アレルゲン不使用商品として、以前から販売していました。
社内の働くママさんから「離乳食のレトルトは多いのに、3~5歳向けの幼児食になると急にレトルトが減る」という声があがりました。
その声を取り入れて、にしきやはじめての幼児食「こどもシリーズ」の企画がスタートしました。
働くママさんたちに試作品を見ていただき、感想をいただいたのはもちろんのこと、
実際にサンプルを持って帰ってもらい、おこさまに食べてもらい、意見をもらって、商品化になりました。

にしきやのこどもシリーズは、忙しい毎日を頑張って過ごしているママさんを応援する商品です。

※アレルギーをお持ちのお子様をお持ちの方へ  にしきやの工場では、卵・乳・小麦・えび・かに・落花生を含む製品を作っています。(特定原材料7品目対象)  コンタミネーションを考慮した上で、ご使用するかの判断をしていだだきますよう、お願い致します。

コラム内で紹介した商品はこちら