ワールドカレー新商品!ラクサカレー、ケバブカレー

世界の料理を「カンタン」に。
ニシキヤキッチンの代名詞とも言える、ワールドカレーシリーズ。
新しく2商品が登場です。


マレーシアの麺料理「ラクサ」×カレー


<ラクサ>※写真はイメージです。

ラクサは、シンガポールやマレーシアをはじめとする東南アジアの国々で食べられている「スパイシーな麺料理」のこと。
魚やえびなどの魚介類からとっただしと、ココナッツミルクをベースとしたスープに赤唐辛子などのスパイスを効かせた味わいが特長です。日本ではあまり馴染みがありませんが、現地では屋台などで気軽に食べられる料理です。

このラクサカレーは、元の料理の特徴を生かした、他では真似できないニシキヤキッチンオリジナルのカレー。
えびの旨みたっぷりのスープに赤唐辛子のピリッとした辛さを合わせ、ココナッツミルクを加えてまろやかな味に仕上げました。
ゴロっとしたえび団子、食感のよいぶなしめじやたけのこを加えた満足感のあるカレーです。



こだわりのえび団子

具材に入っているえび団子はニシキヤキッチンオリジナル。
化学調味料や着色料は使わずに作っています。
レトルトをかけて崩れてしまわないように、でも硬くなり過ぎないように・・・という絶妙な硬さにするために、えびのすり身と白身魚のすり身の割合など何回も試作を重ねました。
その結果、ふわっとほどよい食感で、満足感のある味わいに仕上がりました。


本場の味わい

エスニックな味わいには欠かせない「レモングラス」「タマリンド」を使用。
レモングラスの香り、タマリンドの酸味で食欲そそる味わいに仕上げました。
 

< 通販部 菅原のおすすめポイント! >

グリーンカレーは好きだけど、辛すぎて苦手・・・という方にオススメです!
東南アジアの本場の味わいを感じながらも、えびの旨みが詰まった食べやすいカレーです。
さらさら系のソースに食感の良いしゃきしゃきのたけのこ、ゴロっと入ったえび団子とぶなしめじがアクセント。

もちろん、元は麺料理ですので、麺にかけてお召し上がりいただくのもオススメ。
本場はフォーですが、手に入りやすい中華麺にかけても美味しくお召し上がりいただけます。





トルコの代表的な肉料理「ケバブ」×カレー


<ケバブ>※写真はイメージです。

ケバブは、世界三大料理とされる「トルコ料理」の一つ。
焼いた肉料理の総称で、串にさして焼く「シシケバブ」、回転させながら焼いていく「ドネルケバブ」など様々な種類があります。
日本では写真のようなケバブサンドのイメージが強い方も多いかもしれませんね。

ケバブカレーの具材には、グリルした鶏肉を使用し香ばしさを出しました。
数種類のスパイスを組み合わせることで、スパイス香る奥深い味わいのカレーに仕上げました。


トルコの調味料の定番、サルチャ

トルコは、トマトの産地としても有名です。トルコ料理の欠かせない調味料として、「サルチャ」というトマトソースがあります。
「サルチャ」は、トマトを発酵させて旨みを出し、煮詰めたもので、「トマトの発酵調味料」です。日本人にとっての味噌のように、トルコでは煮込み料理や肉の下処理にも使用されている定番の調味料です。
このケバブカレーでは、その「サルチャ」をイメージして、トマトベースのカレーに仕上げています。


複数のスパイス使い

「ケバブ」に使うスパイスには、特に決まった定義はありません。
今回のケバブカレーでは、具材の鶏肉に合わせて数種類のスパイスを組み合わせました。
クミン・コリアンダー・ガーリックをメインに使用し、赤唐辛子・ブラックペッパーなどを合わせることで、より香りが引き立つように工夫しました。
 

< 通販部 菅原のおすすめポイント! >
 
ケバブのお肉をイメージした薄くスライスした鶏むね肉がソースの中にたっぷり。
お肉はグリルしているので、香ばしさがあります。

ソースはさらさら系で、これからの暑い季節にもピッタリ。
おすすめのケバブカレーのお供は、間違いなくビール!
スパイス×お肉×ビールって合わないわけないですよね。
ノンアルコールであればラッシーもおすすめ。辛いカレーが苦手な方も、ラッシーと合わせていただければ、辛さも和らぐのでおいしくお召し上がりいただけますよ。