鍋の素で世界の料理を楽しもう!

昨年秋に発売した鍋の素。

ニシキヤキッチンならではの、世界の料理を鍋で楽しめる3種類のラインナップ。
お野菜もたっぷりとれてあたたまる鍋は、これからの寒い季節にさらに大活躍。
締めのおいしい一品までお楽しみいただけます。

今回はそんな鍋の素について詳しくご紹介していきます!

商品ラインナップ


火鍋の素

<中国>辛いもの好きにおすすめ!辛みと旨みが調和した鍋の素

>>火鍋の素購入はこちら

中国発祥とされる火鍋。かきやほたての旨みたっぷりのスープに、赤唐辛子やコチュジャンのあと引く辛さがクセになる味わいです。八角などの数種類のスパイス、ごま油の香りが食欲をそそります。

 基本の作り方 

[2~3人前] ※お好きな具材を入れてお召し上がりください。

<材料>
■豚バラ肉・・・150g 
■白菜・・・100g 
■長ネギ・・・100g 
■ニラ・・・50g
■人参・・・50g 
■豆腐・・・150g 
■水・・・400ml 
■火鍋の素・・・1袋(200g)
 

 おいしい〆の一品 
鍋の〆の定番、雑炊。

お好みでチーズや溶き卵を加えてもおいしいです。中華麺もおすすめ。


 


カニトマトクリーム鍋の素

<イタリア>カニの旨みがたっぷり!クリーミーな洋風鍋の素
 

>>カニトマトクリーム鍋の素購入はこちら

イタリア料理のカニトマトクリームソースをイメージしました。
カニとトマトの旨みがたっぷり溶け込んだスープに、オレガノ、バジルが爽やかに香ります。

 基本の作り方 

[2~3人前] ※お好きな具材を入れてお召し上がりください。

<材料>
■白身魚・・・120g 
■えび・・・80g 
■たまねぎ・・・100g 
■キャベツ・・・200g
■ブロッコリー・・・50g 
■しめじ・・・50g 
■牛乳・・・200ml
■水・・・200ml
■カニトマトクリーム鍋の素・・・1袋(200g)
 

 おいしい〆の一品 
リゾット風に。

ごはんとチーズを加えてリゾット風はいかがでしょうか?濃厚なカニトマトソースが絡んで大満足の一品になります。
パスタもおすすめです。
 


トムカーガイ鍋の素

<タイ>エスニックな香りがクセになる!まろやかな味わいの鍋の素

>>トムカーガイ鍋の素購入はこちら

ココナッツミルクのまろやかな味わいのタイのスープ「トムカーガイ」をイメージ。
やさしい味わいのスープに、青唐辛子のピリッとした辛みがアクセントです。
タイ料理に欠かせないレモングラスは本場タイ産のものを使用。エスニックな香りに包まれます。

 基本の作り方 

[2~3人前] ※お好きな具材を入れてお召し上がりください。

<材料>
■鶏肉・・・200g 
■白菜・・・200g 
■ミニトマト・・・70g 
■ヤングコーン・・・40g
■しめじ・・・70g 
■パクチー(お好みで)・・・少々 
■ライム(お好みで)・・・20g
■牛乳・・・200ml
■水・・・200ml
■トムカーガイ鍋の素・・・1袋(200g)
 

 おいしい〆の一品 
⁠⁠⁠⁠⁠本場アジアの麺、フォーで。

具材の旨みが溶け込んだスープがよく絡みます。春雨でもおいしくお召し上がりいただけます。


 

【おまけ】おすすめアレンジレシピ


鍋の素は寒い季節に活躍?!だけではありません。
アレンジ次第でとっても簡単な万能たれに変身します。

カンタン洋風味玉

<材料>
■卵・・・1~2個(最大8個)
■カニトマトクリーム鍋の素・・・1袋

<作り方>
①お好みの固さでゆで卵をつくる。
②鍋の素に漬け込む(約一晩)※漬け込み時間もお好みで。

普通のゆで卵があっという間に自分ではなかなかできないお店の味に大変身。
漬け込むだけの簡単レシピなのでぜひお試しください。
(ちなみに、火鍋の素でもおいしくできます!)
 
 


今回は、鍋の素についてご紹介しました。

詳しい作り方や、材料もご紹介しましたが、鍋の醍醐味といえば好きな野菜を自分でセレクトして食べるところ。
ぜひお好みの具材でお楽しみくださいね。

それでは!