基本の素材。水、塩、油。

ニシキヤキッチンでは「自然のおいしさ」にこだわり、素材の味わいを生かすために、
化学調味料・着色料・香料は一切使用しておりません。
それぞれの料理に合う素材を選び、プロの味から家庭的な味わいまで、多彩なメニューをそろえています。
今回はニシキヤキッチンの商品に欠かせない、基本の素材「水」「塩」「油」についてご紹介します。

 


 

塩素を徹底的に排除。
素材本来の味を最大限に際立たせる。

ニシキヤキッチンで使用している水は、蔵王山系と甲子旭岳を水源とする水を
専用の浄水システムで丁寧に塩素を排除した“純度の高い水”です。
塩素を取り除くことで、素材本来の味わいを生かすことができます。

天日塩からつくられる塩、
沖縄の塩「シママース」

塩は全ての調味料の基本。食材の旨みを引き出す、大切な調味料です。
ニシキヤキッチンでは、シンプルな味づくりをしているこそ、塩を大切に考えてきました。
全国の様々な塩で、実際に料理を作り、社員みんなで食べ比べ「塩」を厳選しています。
そして、塩味と旨みを感じられる「沖縄の塩 シママース」を、ニシキヤキッチン商品に使用することを決めたのです。
海の恵みを含んだ豊かでおいしい塩をベースに、ニシキヤキッチンの味は作られています。


 

食材の風味を引き立てる、
「菜種油」の上品な香り。

圧力をかけて丁寧にアプラを搾り取る「圧搾製法」を使用しています。
圧搾法の油脂は、ヘキサンを使う抽出法に比べて脱色や脱臭の工程が必要ないため、菜種本来の風味が高く料理に上品な風味を加えます。(一部商品を除く)

 



ニシキヤキッチンの商品はこの3つの素材を基本として商品づくりをしています。

この3つの素材があるからこそ、より素材の美味しさが際立つんですね。