にしきやからNISHIKIYA KITCHENへ~社員の想い~

「にしきや」をリブランドする。
そう私たちが決めたのは2020年夏の終わり頃のこと。

これまで約40年にわたって、レトルト食品専門ブランドとして多くのお客様に愛される商品づくりを続けてきました。
ブランドが成長していく姿をずっと見続けてきた社員もいれば、つい先日入社したフレッシュな社員もいます。

それぞれの立ち位置から感じる「リブランド」についての想いを、小さな紙に書いてもらい集めたのが、この写真。
ちょうど、リブランドの1か月前のタイミングでした。
日々、幾度となく話し合いを重ね、ひたすら手を動かしている・・・そんな最中のアンケートでした。

それぞれが秘めていた、個性豊かな想いの丈を、ぜひご覧ください。
どこかに皆さんと同じ思いを感じている社員がいるかも・・・。


3/19(金)にリニューアルしたNISHIKIYA KITCHEN。
にしき食品の社員に聞きました。

新しく動き出したニシキヤキッチン。
にしきやからニシキヤキッチンへ成長し、皆様も少なからず驚いているかと思います。
新しいチャレンジって楽しみも大きいけど、不安だってありますよね。
そんな率直な意見をにしき食品社員にきいてみました。
 

「日本中、世界中から良い素材を集めます。」
資材部 小山田

「リブランド」と聞いた時は、「にしきや」の雰囲気を踏襲してブラッシュアップするのかな?と考えていましたが、ここまで大きく変化するとは思ってもみませんでした。
パッケージについては、写真がとてもキレイで美味しそう!、デザインも高級感があってイイ!と大変ワクワクしました。
店舗の高級感とノスタルジックを感じる雰囲気がとても気に入っています。

私が所属する資材部では工場で使用する原材料を計画的に調達して、工場での生産が安定的に行えるようにすることが仕事です。
また商品の情報(どんな原材料を使って、どのように作っているのか)や安全性について、お客様にお伝えする「規格書」という資料を作成する仕事も行っています。
これからもお客様に体に良い美味しさをお届けするため、資材部メンバーが日本中・世界中から良い素材・原材料を集め、商品の確かさ、安心・安全をお伝えしていきます。
新しく生まれ変わったにしき食品の新ブランド「NISHIKIYA KITCHEN」に期待してください!

 



「いよいよ、次なるステージへ」
営業管理部 原

私が入社した頃「カレーのにしき屋」は主力のカレーさえ4商品のみという、まだ本当にささやかな存在でした。
それでも当時からお客様には味への高い評価をいただいていて、いつか世に広く知られる日が来るはずだと思っていました。
その後にしき屋から「にしきや」へと名前を変え、自由が丘店オープンをきっかけに商品数もみるみる増えて、「ごちそうレトルト専門店」として成長してきました。
振り返ってみれば『ずいぶん大きくなったなあ』という感じですが、味づくり、コンセプト、デザイン、売り場など、様々な変化を繰り返しながらこつこつと進んできた結果だったと思います。

そして、いよいよ次なるステージNISHIKIYA KITCHENへ。
この一歩には、今までとは違う大きな進化の予感があります。正直に言うと、喜びとともに変わってしまうことへの寂しさもほのかに感じつつ……でも何より誇らしい気持ちでこの時を迎えています。
皆様にもNISHIKIYA KITCHENのさらなる発展を一緒に楽しんでいただければ嬉しいです。



 

「お客様の暮らしに、寄り添うお店に。」
通販部 大場

私の働く通販部では、お客様からいただくご注文を受けて、商品を梱包し出荷しています。
立ち上げから約10年が経ち、おかげさまで昨年は3万件を超えるお客様に商品をお届けすることができました。電話・メールでのお問合せ、商品レビューなど、通販部はお客様の声が一番多く聞こえてくる部署でもあります。

「朝食にコーンポタージュと、夜に煮た苺ジャムをのせたパンを食べたら美味しかった」
「友達の出産祝いに、息抜きしてねとレトルトを贈ったら、とても喜んでくれた」
「80歳の母がいつもにしきやさんの商品を楽しみにしている」

いただく声は毎週スタッフ同士で読み合わせをしています。
もちろん改善のご要望をいただくこともありますが、商品が少しでもお役に立てている、ということが私たちのやりがいでもあります。
「にしきや」の屋号・商品パッケージは変わりますが、お客様の暮らしに寄り添う商品づくり、喜んでいただけるお店づくりをすることに変わりはありません。
リニューアルについて、お客様が感じた想いも、ぜひ私たちに教えてくださいね。

 


 


「今まで以上に、心を一つに。」
生産部 生産管理 山田

私は普段、生産部で生産管理を担当しております。主な業務としては、工場の稼働日検討、受注オーダーの調整とまとめ、製造計画作成、実績の管理などになります。

にしきやのリブランディングの話を聞いて、製品の仕様が変更になり、かつ短期間で全品生産するという複雑でタイトなスケジュールだった為、調整が上手くいくのか、不安な気持ちが強くありました。ですがその後、新デザインを初めて目にした時は思わずテンションが上がり抱いていた不安は楽しみや期待に変わりました。

新たなデザインは、今までの良さは残しつつオシャレなパッケージなので昔からのファンの方にも喜んでいただけると思いますし、以前より統一感があるので初めての方も手に取りやすいものに仕上がっております。話題になること間違いなしです。
ブランドイメージだけではなく、従業員の心もひとつに揃えて、大量の注文が来た際も一丸となって対応できるように頑張りますので、皆で手間暇かけて作った自慢のレトルト達を是非ご賞味ください。
 



 私たちの使命はレトルト食品を「手抜き」ではなく「カンタン」にすること。

世界の料理を「カンタン」に。

これが新しい私たちの想いです。
この想いには2つの意味があります。世界のおいしい料理をもっと手軽に食べていただくこと。
そして、料理を作る人の負担をもっと軽くすること。

そして「カンタン」で生まれた時間でお客様の大切な人と大切な時間を過ごしてほしい。

これが私たち、NISHIKIYA KITCHENの想いです。