幻の品種「デリシャストマト」編

NISHIKIYA KITCHENのある地元・宮城県の素材を使用して、
素材の美味しさや魅力を最大限に引き出した「宮城の素材シリーズ」。

その「宮城の素材シリーズ」の食材を求め、日々探検を続けているのが、
「宮城県のおいしい発見し隊」です!

2021年夏に「宮城の素材シリーズ」からお届けするのは、
宮城県で収穫された「デリシャストマト」を使ったキーマカレーと冷製パスタソースです。
(※数量限定/販売時期7月~9月頃まで)

>> デリシャストマトのキーマカレー ご購入ページはこちら
>> デリシャストマトの冷製パスタソース ご購入ページはこちら

デリシャストマトってどんなトマト?


デリシャストマトは宮城県内で育てられている“幻の品種”とも言われているトマトのこと。真っ赤に色付いたデリシャストマトは、見た目も名前も可愛らしく、味も絶品。そんな才色兼備な一方で、実は栽培がとても難しく、多くの農家さんが挑戦しては諦めている…本当にデリケートな子(トマト)らしいのです…。「でもそこも含めて好きなの!」と、長年育て続けている農家さんを、宮城県大崎市で発見!

NISHIKIYA KITCHENでは、宮城県大崎市鹿島台のデリシャスファーム株式会社さんで育てられたデリシャストマトを使わせていただいています。その品種名は“玉光デリシャス”。甘みと酸味のバランスが良いのが特長です。私たちはこのおいしいトマトを使って、毎年夏のこの時期に、キーマカレーと冷製パスタソースをつくっています。
今年、3度目の発売。おいしさの秘密やこだわりをもっとたくさんの方に届けたい…そんな想いから、デリシャスファーム株式会社の今野さんにお話を伺ってきました。

 

おいしさへの近道はマメな管理。


デリシャストマトの栽培で一番難しいのは“水分管理”。特に夏になると湿度が高くなり、空気中の水分を吸って、トマトの味が薄くなってしまうんだとか…。そのため、デリシャストマトは、夏に種をまき、極寒の冬を越すことで甘みを蓄え、一番おいしい“春”に収穫をしているんだそうです。
このように長い期間をかけ、徹底した水分管理を行うことで、トマトの味がぎゅっと凝縮。他にも枯れている部分をひとつひとつ丁寧に取り除いたり、病気がないか、風当たりが強くないかをマメに見てあげることで、おいしいトマトが出来上がっていきます。
 

幸せな気持ちになってほしい。


「デリシャストマトを食べると幸せな気持ちになる…そんなお客様からの温かい声を励みに、栽培を続けてきました」と今野さん。栽培をはじめた頃は、全体の70%が規格外に育ってしまい、とても苦労したそう。それでも、デリシャストマトを食べたい!と言ってくださる方に、“おいしいものを届けたい”“幸せな気持ちになってほしい”という気持ちを強く持っていた今野さんは、栽培を諦めることなく、現在もトマトを作り続けています。今野さんのトマトを見る目はとてもやさしくて、本当にトマトが大好きなんだなあと感じました。トマトにもその気持ちが伝わっているのかもしれませんね。(愛情たっぷり!)
 

いざ、収穫体験!


お話を伺った後、実際に収穫体験もさせていただけることに。
伺ったのは5月、ということで、実はデリシャストマトの収穫は終盤。(デリシャストマトは3~4月が一番の収穫期。)
畑にお邪魔して、貴重なデリシャストマト収穫体験スタート!

茎の部分をはさみでチョキンとして収穫。自分で収穫したトマトは何だかいつもより愛おしいです。

今野さんにおいしいトマトの見分け方について教えていただきました。
①ヘタ付近が緑に色づいたトマト
②先部分から放射線状に線が見えているトマト

グリーントマトは実はとても糖分が高くて美味しい!
ピクルスにしたり、薄くスライスして食べるのがオススメとのことです。
実際に、デリシャスファームに併設しているカフェではサラダにグリーントマトも入っていて、とても美味しくいただきました。
(右に映っているのは、オムライス。ソースにもデリシャストマトが使用されていて、贅沢なランチでした。)

帰りには自分たちで収穫したトマトの他に、たくさんのトマトのお土産もいただきました!
今野さん、お忙しいところ本当にありがとうございました!!



素材を生かした味わいに。


デリシャストマトの一番の特長は甘みと酸味が絶妙なバランスだということ。
私たちは素材の良さをさらに引き出すため、工場に届いたフレッシュなデリシャストマトのトマトジュースを濃縮し、よりトマト感を強調する工夫をしています。

デリシャストマトのキーマカレー

トマトの甘みや酸味が引き立つように、クセの強いスパイスは控え、食べやすい味に仕上げました。トマトとひき肉の旨みがたっぷりのキーマカレーです。

デリシャストマトの冷製パスタソース

トマトの甘みを生かすため、砂糖ではなく氷砂糖を作る際に生まれる、液糖を使用しています。砂糖に比べ、すっきりとした甘みが特長です。
デリシャストマトを贅沢に使ったソースに、グリルしたズッキーニや黄ピーマン・赤ピーマンなどの彩り野菜を入れ、見た目も華やか。


大切に育てられたこだわりのおいしいトマトを、ぜひじっくりとお楽しみください!