【数量限定】蔵王クリームチーズのチキンカレー&スイートポテトのポタージュ

本日10/7(木)より宮城の素材シリーズから2商品が販売スタート!
蔵王クリームチーズのチキンカレーと、スイートポテトのポタージュです。
(※数量限定/販売時期10月~11月頃まで)

昨年の販売時もお客様よりご好評をいただいた2商品。
今回のよみものは、それぞれの素材のひみつや味わいのポイントをご紹介します。 

宮城の素材シリーズとは

宮城の素材シリーズとは、NISHIKIYA KITCHENのある地元・宮城県の素材を使用して、
素材の美味しさや魅力を最大限に引き出した商品シリーズです。
2019年1月からスタートし、現在まで7商品を販売してきました。

宮城県にはおいしい素材がたくさんあります


そんな「宮城の素材シリーズ」から2021年秋にお届けするのは、
「蔵王クリームチーズ」を使用した蔵王クリームチーズのチキンカレーと、「伊達娘さつまいも蔵出し金時」を使用したスイートポテトのポタージュです。
 


蔵王クリームチーズのチキンカレー

>>商品購入ページはこちら

素材のひみつ

生産者:一般財団法人 蔵王酪農センターさん(宮城県刈田郡蔵王町)

蔵王山麓の雄大な自然

蔵王チーズのチーズ作りは、酪農から始まります。
蔵王連峰の豊かな自然が育んだ牧草を食べ、湧き出る天然水を飲んで育った乳牛は良質な牛乳を生み出します。
搾りたての新鮮な牛乳は、牛舎に隣接するチーズ工場に運ばれ、熟練の職人によってチーズへと生まれ変わります。
蔵王の大自然と酪農から始めるチーズ作りが、蔵王チーズのこだわりです。

クリームチーズは、蔵王山麓の新鮮な生乳とクリームからつくられたフレッシュタイプのナチュラルチーズです。
蔵王の生乳のやさしいおいしさ。なめらかでまろやかな味わいが特長です。

レシピと味わい

>>商品購入ページはこちら

なめらかでまろやかな味わいの蔵王クリームチーズを製品中に11%(約20g)使用し、生クリームもあわせることで、濃厚でクリーミーなチキンカレーができました。
具材には、チーズと相性の良い鶏肉とマッシュルームを使用。バジルをアクセントにほんのりと効かせ、飽きのこない味に仕上げています。


スイートポテトのポタージュ

>>商品購入ページはこちら

素材のひみつ

生産者:よつばファームさん(宮城県東松島市)

東日本大震災の後、津波被害にあった宮城県沿岸部の農業復興として、塩害地域でのさつまいも栽培が始まりました。
さつまいも栽培が塩害に強いことと、沿岸部特有の砂の多い土地によりさつまいもが成長しやすく、おいしいさつまいもが出来上がりました。
 

伊達娘さつまいも蔵出し金時の特長は、
・さつまいも特有の繊維質が少なく、食感がなめらか
・さつまいもの味がしっかりしている

これらの特長が、なめらかなポタージュに仕上げるのにぴったりなさつまいもでした。

甘いさつまいもの秘密【追熟】
さつまいもは収穫後、低温で追熟させることで、でんぷんを糖に代え、甘さをアップさせています。
伊達娘さつまいも蔵出し金時は10月~11月頃の収穫後、一度32~35℃、湿度90%程の環境に4~5日間置きます。
この工程を加えることにより、さつまいもが腐ることを防ぎ、長期保存が可能になります。その後、11~13℃で約2ヶ月ほど追熟させます。

この一連の追熟の手間をかけて、素材の甘さを最大限に引き出したさつまいもが出来上がるのです。

レシピと味わい

>>商品購入ページはこちら

追熟して甘みが増したさつまいもの皮を丁寧にむき、一度蒸してから、なめらかなペーストにします。
スープ中、さつまいもを約35%(約56g)使用。さつまいものおいしさを生かしながら、生クリームとバターを合わせ、クリーミーなスイートポテトのような味わいのポタージュに仕上げました。


これまでの活動をご紹介

2020年秋、NISHIKIYA KITCHENスタッフでさつまいもの収穫体験をさせていただきました。
詳しい様子は、青空の下で収穫体験「伊達娘さつまいも蔵出し金時」」をぜひご覧ください。



また、お客様からいただいた声をよつばファームさんに届ける活動も行いました。
お客様からの「おいしい!」の声は、生産者さんによりおいしい素材をつくる励みになっています。


さいごに

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

宮城の素材シリーズは数量限定ですので、気になった方はぜひお早めにオンラインショップまたは直営店舗でお買い求めください。

また「宮城の素材シリーズ冬」は来年1月に販売予定です。
お楽しみに。それでは、また。