インドカレーとは?日本のカレーとの違いを解説

日本でも家庭料理として知られ、老若男女から人気のメニューであるカレー。そんなカレーは、インドで生まれた料理です。
日本のカレーとインドのカレーには、どのような違いがあるのでしょうか。

今回のよみものでは、日本のカレーとインドカレーとの違いや、インドの地域別に見たカレーの特長など、いつも何気なく食べているカレーの豆知識をお伝えします。インドカレーのことを知ると、よりカレーを美味しく食べられるかも?!

インドカレーとは


インドカレーとは、カレー発祥の地である、本場インド風のカレーのことです。

カレーは、スパイスを使って具材を煮込んだ料理のことを指します。
ただし、インドの地域によって、具材や調理法に大きな違いがあります。また、現地では「カレー」という呼び方をしないことも珍しくありません。

現在は“国民食”とも呼ばれるほど、日本でも人気のカレー。
日本におけるカレーの歴史は、明治時代に始まりました。文明開化によって欧米の文化を取り入れるようになったことがきっかけで、イギリスから日本にカレーが伝わったのです。

インドからイギリスへカレーが伝わったのは、18世紀のこと。これは、当時インドがイギリスの植民地であったことが関係しています。イギリスで小麦粉を使ったカレーが作られるようになると、そこから日本にもカレーが伝わったのです。

その後、日本でもカレー粉の生産が始まり、家庭料理として日本独自のカレーが作られるようになりました。これが日本のカレーです。

 

インドカレーと日本のカレーとの違い


一般的に日本の家庭で作られるカレーは、小麦粉の入ったカレールウを使い、とろみがあるのが特長です。
一方で、インドカレーではカレールウを使いません。地域にもよりますが、インドのカレーは多数のスパイスを調合して作ります

また、日本のカレーはご飯と合わせて食べることが多く、「ライスカレー」とも呼ばれています。

それに対して、インドには米のほかにさまざまな主食があります。たとえば、小麦でできた平たいパンである「ナン」「チャパティ」「ロティ」などです。
日本でインドカレーといえば「ナン」のイメージが強いかもしれませんが、現地では「ナン」は高級品とされています。
「ナン」を焼くにはタンドール窯が必要ですが、一般的にタンドール窯がある家庭は少なく、一般家庭ではナンはほとんど食べられていないのです
実際にインド人の多くが食べているのは「チャパティ」という食べ物です。
「チャパティ」は全粒粉と水、塩を使って作られた主に鉄板で円型に平たく焼いたパンのことです。

世界には、インドカレーや日本のカレーのほかにも、地域に根づいたカレーが存在します。
イギリスをはじめとしたヨーロッパのカレーのほかに、タイでも「ゲーン」と呼ばれるカレーのような料理が食べられています。

日本でも身近にある家庭料理となったカレー。世界のカレーと食べ比べて、地域ごとの違いを感じてみても面白いかもしれませんね。

 

南北インドカレーの種類


広大な国として知られるインド。その面積は3,287,263平方キロメートルと日本の約9倍であり、世界で第7位に位置づけられています。インドカレーの種類は、インドの南北で大まかに2種類に分けられます。

北インドのカレー

濃厚さが特長です。調理にはバターや、「ギー」と呼ばれるバターオイルを使用します。主食として食べられているのは、ナン・チャパティ・ロティなど。カレーの代表例としては「バターチキン」が有名です。ほかにも、窯で焼く肉料理の「タンドリーチキン」もよく知られています。北インドは乾燥しているため、小麦が育ちやすく、主食はチャパティなどの小麦から作るパンのようなものが主食として食べられています。

北インドの代表的なカレー、バターチキン

南インドのカレー

水分が多くシャバシャバ系のさらっとしたスパイシーなカレーが特長です。香りづけに用いられるカレーリーフや、マスタードシード、ソースのベースとなるココナッツミルクなどが代表的な素材です。また、南インドは1年中暖かく、河川が多く水が豊富なため、稲作に適しています。そのため、主食は米が食べられています。

ケララフィッシュは、南インド・ケララ州の魚カレー


このように、インドのカレーは地域ごとに特色が異なります。
インドカレーを食べる機会があれば、南北どのエリアの特長があるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

NISHIKIYA KITCHEN本場インド料理の探求


NISHIKIYA KITCHENの商品の中でも、その本格的な味わいが話題となっているインドカレーシリーズ
インド料理ファンの方にも高評価をいただくカレーが出来上がったのは、開発スタッフが約10年にも渡り、何度もインドへ足を運んで、現地の味を体感し体現しているからなのです。

現地では、インドのレストランや一般家庭を食べ歩き、厨房で調理を学びました。

インド南部ケララ州では、料理教室にも参加しました。
料理教室で出会ったインドカレーが抜群に美味しく、私たちは心を打たれました。そのおいしさのヒミツは、料理教室の先生、通称”インドのお母さん”の特製スパイスミックスにありました。そのお母さんから特別に伝授してもらった、日本では目にしたことが無い配合のスパイスミックス。少し入れるだけで味にぐっと深みが増します。

NISHIKIYA KITCHENでは、このインド研修や、料理教室で学んだ知識をもとに、2種類の特製スパイスミックスを完成させ使用しています。

インドカレーの味づくりの基本は、素材+スパイス+塩
肉を使わないベジカレーは特にシンプルで、素材は野菜メイン。スパイスと塩で野菜の旨みを引き出しました。
インドで学んだ味づくりは、余計なものは使わない、化学調味料・着色料・香料不使用の味づくりへとつながっています。

さらに、なかなか日本で入手できない素材は、「作る」ことから始めました。現地のインドカレーを再現するのに欠かせない「カレーリーフ」と「パニール」は、生産者さんと協力して作り上げたNISHIKIYA KITCHENオリジナルです。

NISHIKIYA KITCHENこだわりのインドカレーシリーズを、本場インドの方に食べてもらった
インドカレーを食べてもらいました。」のよみものも必見です。
 

おすすめのレトルトインドカレー5選


地域によって具材も食べ方も異なるインドカレー。日本のカレーと比べると、少し珍しい具材やスパイスを使用しているカレーも多くあります。
そんなインドカレーをご自宅で楽しむなら、本格派のレトルトカレーがおすすめです。

NISHIKIYA KITCHENインドカレーシリーズは、長年の経験と技術をつぎ込んだ渾身のシリーズです。本場インドで学んだ素材を生かした味づくりを基本に、日本のごはんに合う味わいに仕上げています。
そんなインドシリーズの中から人気の5商品をご紹介します。

【北インド】バターチキン

濃厚なトマトクリームのソースが甘くて食べやすい、定番のインドカレーです。カシューナッツペーストはインドのバターオイル「ギー」で炒め、本格派にこだわりました。北海道産の生クリームでコクを加え、まろやかで深みのある味わいに仕上げています。辛さが控えめなのでどなたでも食べやすく、インドカレーが初めての方にもおすすめです。NISHIKIYA KITCHENのインドシリーズでも人気の一品!

>>バターチキンの購入はこちら

【南インド】ケララフィッシュ

ごろっと魚肉の入ったフィッシュカレーです。蔵王で栽培された国産の新鮮なカレーリーフをはじめ、こだわりの素材で丁寧に作っています。日本のご飯にも合わせやすいよう、キハダマグロを使用。マグロの旨みとタマリンドの酸味が食欲をそそります。香りづけに使っているのは、ケララ料理に欠かせないマスタードシードやフェンネルです。レトルトのプロであるNISHIKIYA KITCHENが、本場インドの味わいを再現しました。

>>ケララフィッシュの購入はこちら

【北インド】パラックパニール

国産ほうれん草とカッテージチーズの旨みがぎゅっと詰まった、濃厚さが特長的なインドカレーです。NISHIKIYA KITCHENのパラックパニールでは、蔵王のチーズ工場で作られたこだわりのカッテージチーズを使用しています。ソースのベースには、ほうれん草・小松菜・ケールの3種類の青菜を使用。さらに、トマトの旨みと炒めたまねぎの甘さで日本人好みの味わいに仕上げました。野菜たっぷりのカレーがお好みの方は、ぜひお試しください。

>>パラックパニールの購入はこちら

【北インド】チャナマサラ

ひよこ豆がたっぷりと入った、食べごたえのあるインドカレーです。じっくり煮込まれた豆は、ほくほくの食感。ソースのベースとなるトマトは、ピューレーとペーストの2種類をブレンドしています。さらに、フライドオニオンやNISHIKIYA KITCHEN特製スパイスミックスを加えることで、濃厚で深みのある味わいに仕上げました。ほくほくとした食感が魅力の豆カレーを、レトルト食品で手軽に味わっていただけます。

>>チャナマサラの購入はこちら

【北インド】ビーフマサラ

インドカレーとしては珍しい、牛肉を使ったNISHIKIYA KITCHENオリジナルのカレーです。ビーフカレーがお好みの方は、ぜひインド風のスパイシーなアレンジをお楽しみください。トマトピューレーとヨーグルトで仕上げたソースは、程よい酸味が魅力です。スパイスの爽やかな辛みが、牛肉の旨みを引き立てます。ほかでは食べられない、一味違うインドカレーをお探しなら、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

>>ビーフマサラの購入はこちら

>> インドカレー全11種はこちら

***



インドカレーと日本のカレーとの違い、地域別のカレーの特長など、基礎知識をお伝えしました。私たちの身近にある家庭料理とは、異なる魅力があるインドカレー。本場の味が気になった方は、お近くのインド料理店で食べ比べてみるのもおすすめです。

本格派のインドカレーを作るには、日本では手に入れることが難しい珍しい具材やスパイスが必要なことも。そんなときは、お取り寄せのレトルト食品で、本格派のインドカレーを味わってみてはいかがでしょうか。

NISHIKIYA KITCHENでは、開発スタッフが研究を重ねて作り上げた、本格派のインドカレーのラインナップをご用意しています。素材にこだわったインドカレーを、温めるだけで簡単に食べられるのは、レトルト食品ならではの魅力です。ぜひインドカレーシリーズの商品をお試しください。