カレーにお肉を入れるなら牛・豚・鶏?旨みにこだわる部位の選び方

カレーの具材のなかでも、とりわけ存在感のあるお肉。
さまざまな種類や部位があるなかで、カレーと相性の良いお好みのお肉を選びたいですよね。

今回のよみものでは、カレーと相性の良いお肉について解説します。
おいしいカレーづくりのために、ぜひ参考にしてみてください。

カレーの味わいはお肉で変わる!


ご自宅でカレーを作るとき、どんなお肉を買うべきか迷ってしまうことはありませんか?

カレーの定番の具材といえば、鶏肉(チキン)・牛肉(ビーフ)・豚肉(ポーク)が挙げられます。その他の具材では、羊肉(マトン)やひき肉(キーマ)なども人気です。

これらのお肉の種類は、さらに細かい部位に分かれており、お肉の種類や部位によって、肉質や味わい、脂の量などに違いがあります。
つまり、具材であるお肉の選び方によって、カレーの味わいも変わってきます。

お肉の種類や部位にこだわって、お好みのカレーを見つけてみましょう
 

お肉を調理する際のポイント


どんな種類のお肉でも基本的に調理するポイントは同じです。

よりおいしく味わうために必要なポイントを3つご紹介します。
どれも簡単なのでぜひ実践してみてくださいね。

【1】塩コショウを振る

お肉を炒めるときには、塩コショウを振りかけましょう。
振りかけるタイミングは、調理直前か、調理中がおすすめです。
塩によって、お肉から水分と一緒にくさみが抜け、その部分に、コショウの香りが入るため、さらにお肉のくさみを消す効果があります。

【2】お肉は表面を焼き、メイラード反応を促す

メイラード反応とは、お肉を焼くことで表面の細胞が破壊され、アミノ酸と糖が反応し茶色く色づき、香り成分を生むことを指しています。
お肉の表面を焼くと、肉汁などの旨みを閉じ込めることもでき、香りが生まれ、よりおいしくなるのです。

【3】できればたまねぎと一緒に

お肉を炒めるときには、たまねぎと一緒に炒めるのがおすすめです。
たまねぎは、インド料理でもスパイスの一種として、使用されます。お肉をマスキングする効果があり、くさみを感じづらくなります。
 

カレーと相性の良いお肉の種類


それでは、カレーと相性の良いお肉として、どのような部位が挙げられるでしょうか。

ここでは、代表的な鶏肉(チキン)・牛肉(ビーフ)・豚肉(ポーク)・羊肉(マトン)の種類のなかから、カレーにおすすめの部位や、特長をご紹介します。
また、それぞれのお肉を使ったNISHIKIYA KITCHENのカレーをピックアップしますので、ぜひチェックしてみてください。

>>NISHIKIYA KITCHENカレー一覧はこちら

 

鶏肉(チキン)


鶏肉は全体的に脂肪が少なく、クセの無い味わいが特長です。

 各部位の特長 
・もも肉・・・最もポピュラーな鶏の部位。柔らかく旨みとコクが特長。
・むね肉・・・あっさりとした味わい。
・ささみ肉・・・タンパク質がもっとも多い部位であり、脂肪が少なくさっぱり。
 
その中でもカレーにおすすめの部位は、もも肉です。
味のクセが少なく、煮込むと肉質が柔らかくなるため、どんなカレーにも比較的相性が良くおすすめです。
一方むね肉は、煮込むと固くなりやすいため、使う場合はひき肉にし、キーマカレーにするのがおススメです。

鶏むね肉を使用したカレー

  ケバブカレー

「ケバブカレー」は、トルコの代表的な肉料理であるケバブをNISHIKIYA KITCHENがカレーにアレンジ!香ばしく焼かれた鶏むね肉を、スパイス香るトマトソースが引き立てます。スパイシーで奥深い味わいをお楽しみください。

お客様の声

・トルコ旅行の時に食べたケバブを思い出させる味でした。カレーと合わないのでは?と心配していましたが、マッチしていておいしかったです。(20代・女性) 
・スパイシーでさっぱりした辛さが美味しいです。(50代・女性)

>>ケバブカレーの購入はこちら

 

鶏ひき肉を使用したカレー

  鶏キーマカレー

「鶏キーマカレー」に使用されているのは、たっぷりの国産鶏ひき肉。「圧搾一番搾りなたね油」で炒めることで、コクのある仕上がりとなっています。甘さを抑えてスパイス感が引き立てられているのもポイントです。

お客様の声

・合挽きミンチや牛ミンチと比べてあっさりヘルシー◎(30代・女性) 
・わたしのお気に入りのキーマです。シンプルですがおいしいし、辛さもちょうど良いです。(30代・女性)

>>鶏キーマカレーの購入はこちら

牛肉(ビーフ)


牛肉は肉の部位によって肉質が大きく異なり、様々な調理法が用いられます。

 各部位の特長 
・もも肉・・・脂肪の少ない赤身で、すっきりとした味わいです。
・バラ肉・・・脂が多く、濃厚な味わいです。
・ホホ肉・・・煮込み料理に適しています。長時間煮込むことで肉質がほろほろほどけていきます。
 
ご家庭でカレーを作る場合、バラ肉かもも肉がおすすめです。
よりこってりとした味わいに仕上げたいときは、バラ肉を。
あっさりとした味わいに仕上げたいときは、もも肉を使用すると良いでしょう。

ホホ肉は、ご家庭の鍋で煮込むことは難しいため、圧力鍋などを使用することをおすすめします。
 

牛バラ肉を使用したカレー

  牛バラのスパイシー欧風カレー

「牛バラのスパイシー欧風カレー」は、牛バラ肉と5種類のフルーツをじっくりと煮込み、濃厚なソースに仕上げました。ブラックペッパーの辛みがきいた、スパイシーな味わい。通常商品の1.5倍にあたる大盛りサイズなのもうれしいポイントです。

お客様の声

・ボリュームが多く、ご飯にも合うため、最後までおいしくいただけました。辛さが食欲をそそります。(30代・女性) 
・安定の美味しさ。毎回購入メニューに入れてしまいます。(女性)

>>牛バラのスパイシー欧風カレーの購入はこちら

牛すじを使用したカレー

  牛すじカレー

「牛すじカレー」は、牛すじを焼き上げて、柔らかくなるまでカレーで煮込んだ逸品です。焼きのひと手間を加えることで、お肉の香ばしさと旨みをしっかり閉じ込めました。隠し味にチーズを加え、コクのある味わいに仕上げています。

お客様の声

・とっても深いお味で、おいしいです。大好きな牛すじとカレーの組合せが最高です!(30代・女性) 
・お肉が歯応えとプルプル感がありました。自分では中々食べたくても作るのを躊躇してしまうので、このような商品はとても有難いです。(30代・女性)

>>牛すじカレーの購入はこちら

 

牛ホホ肉を使用したカレー

  牛ホホ肉のグリルカレー

「牛ホホ肉のグリルカレー」は、希少部位であるホホ肉を贅沢に使用した、プレミアムなビーフカレーです。お肉と野菜の旨みが溶け込んだソースは、赤ワインでコクを出して仕上げられています。特別な日の食卓におすすめです。

お客様の声

・大きなお肉がゴロゴロ、口に入れるとホロホロ。レトルトでこの味が食べられるとは感動です。(40代・女性) 
・やはりメインは牛肉。非常に柔らかく、牛肉の旨味もしっかりと感じ、量もちゃんと入っていた。(20代・男性)

>>牛ホホ肉のグリルカレーの購入はこちら

 

豚肉(ポーク)


豚肉は肉の部位によって肉質が大きく異なり、脂肪と赤身の割合に応じて調理法が変わります。

 各部位の特長 
・もも肉・・・赤身の部位としてよく知られ、肉質は脂肪が少なく柔らかさがあります。
・バラ肉・・・赤身と脂肪のある部位で、角煮などの煮込み料理でよく使われます。
・肩ロース・・・赤身と脂肪のバランスが取れた、コクのある味わいが特長です。

カレーを作る場合は、バラ肉がおすすめです。
豚バラ肉は脂が多いため、カレーに入れた際、脂がとろけ、旨み、甘味、コクが増します。
あっさりとしたカレーを作りたい時には、肩ロース、もも肉を使用することをおすすめします。
 

豚バラ肉を使用したカレー

  豚の角煮カレー

「豚の角煮カレー」には、角切りの国産豚バラ肉がゴロッと入っています。ソースの味つけは醤油ベースで、ほっとするような味わい。甘辛でどこか懐かしい和風カレーを、ぜひ一度ご賞味ください。

お客様の声

・醤油と砂糖のコクと甘みが程よく効いていて、年代問わず食べやすくなってると思います。お肉のボリュームもあって満足できます。(50代・女性) 
・豚肉は柔らかく、甘さも柔らかく、全体として柔らかな味わい。(20代・男性)

>>豚の角煮カレーの購入はこちら

  ゴロッと野菜と豚バラカレー

「ゴロッと野菜と豚バラカレー」は、大きめにカットされた豚バラ肉・じゃがいも・にんじんがポイントです。通常商品の1.5倍にあたる大盛りサイズで、食べごたえ十分。ご飯が進むシンプルで素材が引き立つカレーです。

お客様の声

・野菜と豚バラのバランスが良く、美味しいです!(70代・男性) 
・自分が食べてとても美味しかったので、息子にも何種類か送りました。「すごく美味しい!」と大満足のようです。娘夫婦にも送ろうと思っています。(女性)

>>ゴロッと野菜と豚バラカレーの購入はこちら

 

豚ひき肉を使用したカレー

  ぶどう山椒キーマカレー

「ぶどう山椒キーマカレー」は、豚ひき肉の旨みを生かしたキーマカレーです。和歌山県産ぶどう山椒が、爽やかに香ります。お肉たっぷりのソースは、炒めたまねぎのコクや、山椒のしびれるような辛さも魅力です。

お客様の声

・ぴりりとした辛さと山椒の香りが良い。ひき肉のうまみがご飯にしっかり絡んで美味しかったです。(50代・女性) 
・「辛口」ですが、きつい辛さではなく、山椒の香りがとてもいいです。このカレーは次回も買いたい!と思いました。(30代・女性)

>>ぶどう山椒キーマカレーの購入はこちら

 

羊肉(マトン)


羊肉は、本場のインドカレーにも使われているお肉です。
マトンは、引き締まった肉質や、旨みとコクが特長です。

 各名称 
ラム・・・生後12カ月未満の仔羊肉
ホゲット・・・生後1年以上・2年未満の羊肉
マトン・・・生後2年以上の成羊肉
※国によって基準が異なる場合もあります。

なかなか自分で調理することは難しいため、レトルトカレーで楽しんでみてはいかがでしょうか?

羊肉を使用したカレー

  マトンパンジャビー

「マトンパンジャビー」は、本場インドを思わせる、マトンを使った本格派のカレーです。NISHIKIYA KITCHEN特製スパイスミックスと、ブラックペッパー×赤唐辛子で辛さをプラス。さっぱりとした大辛カレーに仕上がっています。

お客様の声

・このカレーが一番好きでした!酸味とスパイシーさで食欲が増します!マトンも癖がなく、マトンが苦手な方も食べられる味わいだと思います。(20代・女性) 
・本格的なマトンカレーがこのお値段で楽しめて、さすがにしきやさんクオリティ。スパイシーでコクがあってとっても美味しい!(30代・女性)

>>マトンパンジャビーの購入はこちら

 

【番外編】お肉を使わないカレー


ここまで、カレーと相性の良いお肉の種類をご紹介しました。
カレーといえば、お肉、という方にもおすすめな、
シーフードを使ったカレー、野菜を使ったカレーをご紹介します。

魚を使用したカレー

  ケララフィッシュ

「ケララフィッシュ」は、国内でよく食べられているキハダマグロを使用したカレーです。ソースの豊かな香りは、蔵王カレーリーフとNISHIKIYA KITCHEN特製スパイスミックスによるもの。魚肉の旨みをしっかりと引き立てます。

お客様の声

・もの凄く香り高くスパイシーで、最高に美味しいです。具のマグロもルゥの味がよくしみていて美味しいです。(20代・男性) 
・比較的マイルドで、インドカレー初心者も抵抗なく食べることができました。(女性)

>>ケララフィッシュの購入はこちら

エビを使用したカレー

  ガーリックシュリンプカレー

「ガーリックシュリンプカレー」は、ハワイ発のB級グルメであるガーリックシュリンプをイメージしたカレーです。にんにくの香りが食欲をそそる人気商品です。

お客様の声

・これはまさにガーリックシュリンプがきいていてとっても美味しいです。海老も煮込まれていて風味が良いです。(30代・女性) 
・中辛なので不安でしたが、エビの甘みと引き立てあって美味しい。(女性)

>>ガーリックシュリンプカレーの購入はこちら

お野菜を使用したカレー

  ラタトゥイユカレー

フランスの煮込み料理、ラタトゥイユをカレーにアレンジしたカレー。具材には旨みを凝縮したグリル野菜を使用しています。ソースにはトマトと相性の良いハーブをきかせました。

お客様の声

・野菜がたっぷりで優しい味です。(40代・女性) 
・夏野菜がごろごろ入っていて、あっという間に食べてしまいました。それぐらい、辛さも旨味も良かった。美味しい。(女性)

>>ラタトゥイユカレーの購入はこちら


 

今回は、カレーにおすすめのお肉の種類や、部位についてご紹介しました。

NISHIKIYA KITCHENには、お肉の魅力を引き立てたカレーのラインナップが豊富です。
お肉の旨みが溶け込み、じっくりと煮込まれたソースの味わいはレトルトならでは。

ぜひ、お肉の部位にこだわってカレーを食べ比べしてみてください。

>>NISHIKIYAKITCHENカレー一覧はこちら